思春期ニキビは気にしすぎないのがコツ!

私が思春期の時には、ひどいニキビに悩まされました。

でき始めたのは中学一年生くらいの時です。初めはおでこだけにできていたので、市販のニキビ用洗顔料やクレアラシル、ビフナイトなどで対応していたのですが、そのうち頬や鼻、こめかみなどにもできるようになりかなり気にしていたのを覚えています。
思春期ニキビの特徴は、肌が脂っぽくなるので、終始脂取り紙が手放せませんでした。

187722

中学生ではお化粧で隠すわけにもいかないので、スキンケアはかなり気をつかっていました。

ドラッグストアに売っている、ニキビ用の薬用化粧水は大抵試しました。

ですが、思春期用の化粧水は、パウダーが入っているものが多く、結構肌がぱさぱさしてしまい、コンディションはあまり変わりませんでした。

それよりも、食事をバランスよくとったり、便秘に気を付けたのが良かったと思います。適度なスポーツもリフレッシュできてよかったです。
思春期ニキビは一過性のものだとは、できている当時は思えなかったので、当時は結構気にしていましたが、必ず治るものですので、気楽に考えてストレスをためないのも大切だと思います。